体調を崩した時、思うような結果が出ない時の、取組みのヒント

メンタルコミュニケーションコーチ 阿部朝子です。

体調を崩してしまう時や、思うような結果が出ない時って、誰にでもありますよね。

そんな時の取組み方のヒントをご紹介します。

 

久しぶりの投稿になります。^^

体調がちょっとイマイチでした、、
病院に行ったものの、原因は見当たらないとのこと。
それでも、漢方を処方していただいたので服用しています。

あとは自分でできることをやっています。

 

そんなこともあって、今日は、
体調を崩した時に、どう取り組めばよいか、ヒントをお届けします。

※がんばっているのに思うような結果が出ない時や、アクシデントに見舞われた時にも、おすすめです。

 

越えた先には、幸せが待っている

体調を崩した、思うような結果が出ない、アクシデントに遭う‥
「あちゃー!」「あれれ?」「なんかうまくいかない」

それはすべて、「立ち止まって、内外、整える必要があるよ!」というサイン。

見直すべきことに気づいて、修正できればいいわけです。

 

経験上、仕事や人生の大事な時や、ステージが上がる時ほど、大変なことが起きたりします。

「大変」って、「大きく変わる」と書きますもんね。
ということは、「困った~。大変だー」と思う時ほど、越えた先には、大きな喜びと幸せが待っているんです。

だから、不安になる必要はないんですね。

 

そうわかっていても、不安な気持ちはわいてくるし、超えるまでは しんどいでしょう。

それでも、わかっていれば、希望が持てますよね。

そして、適切に取り組んでいけばいいのです。

 

はじめに取り組むことは

もちろん、体調を崩したなら、回復させることが優先ですね。
アクシデントが起きたなら、対処すべきことをする。

そうして落ち着いたら、内外を整えていきましょう。

 

整えるには順番があって、「環境」「行動」から見直すといいんです。
そのほうが、内面(メンタル面)も整いやすくなります。

 

「環境」を見直すとは、

  • 「家・部屋」は快適か?
  • 「人間関係」は良好か?
  • 「ストレスや悩み」を抱えていないか?

など。

 

今回、私も「家・部屋・モノ」と向き合うことから始めました。

私の場合、片づけるというより、「望む人生を生きるため」の視点が判断基準。

「今、使っているか?」
「理想の自分が使っているか?」

「エネルギーを感じるか?」
「役割があるか?役割を果たす場所にあるか?」

を、特に意識しています。

 

 

「行動」を見直すとは、

  • 生活習慣
  • 時間の使い方
  • 物事の取組み方

など。

 

良質な情報を参考にしながら、気になることから見直しましょう。

潜在意識に聴きながら進めるのが、おすすめです。

「今の私に必要な情報と出会わせてください!」
「今の私が、やるといいことはありますか?」
「今の私が、やめるといいことはありますか?」

 

今回、私が見直したことは、睡眠時間の確保。
仕事が大好きで、つい夜更かししがちだったので、寝る時間を守るようにしています。

めまいの症状があったので、パソコン作業もストップしていました。
体調が戻ってきた今も、パソコンに向かう時間を決めて、昼間だけにしています。

運動・エネルギーアップ・筋力をつける目的で、DVDで、気功とズンバも始めました。
(気功をやった後は、すごく体が軽くなり、エネルギーも高まります)
(ズンバは、ラテンのリズムに合わせたエクササイズ。ステップはうまくできないけど、楽しいです~)

 

 

体力と気力が高まってきたら‥

体力が回復し、「環境」と「行動」を見直すことで、気力も高まってきます。
そうしたら、メンタル面に取り組むタイミング。

 

「朝子さんは、もうメンタルに取り組む必要はないんでしょうね~」
と言っていただくことがありますが、、

いやいや、取り組む必要、あります!あります!(笑)

まだまだ未熟者ですし、生きている限り、成長し続けたいので。

 

それに、私は、もとがネガティブ満載。(苦笑)

しかも、何年もメンタルを整えてきた分、今、浮上してくる感情やパターンは根深いものばかり。

気づいていても、解放しきれなかった感情やパターン。
心の奥に閉じ込められていた感情やプログラム。
それらを1つ1つ解放しています。

 

たとえば、

私の性分として、「成長したい・よりよくしたい」という想いが強いので、それが裏目に出ると「期待」や「批判」につながってしまいがち。

だから、「ありのままを愛し、受けとめること」が、私の人生のテーマ(学び)なのかな‥と思っていて。今回、そんな自分の思考癖とも、対峙しています。

あとは、もっと人生を楽しみたいし、もっとチャレンジしたい。
すると、同時に、失敗への恐れがわいて、自己不信しちゃうこともある。。

 

また、今回のめまいは、メンタル面から観ると、迷い不安が関係しているようで。
(心の声がそう教えてくれました)

大事なことを気づかせてくれた「めまい」に感謝して、感情も手放しました。

 

そして、「今までの流れや構想」にとらわれず、「今の私」と対話しながら、今後の方向性や、理想のあり方を、あらためて書き出しているところです。

 

 

まとめ

  • 体調を崩した時
  • がんばっているのに、思うような結果が出ない時
  • アクシデントに見舞われた時

は、「立ち止まって、内外、整える必要があるよ!」というサイン。

 

「環境」「行動」「メンタル」の順に取り組むのがおすすめ‥というお話でした。

私がリアルタイムでやっていることを書きましたので、ヒントになれば、うれしいです。

 

今、世の中も、withコロナの時代として、大きく変わってきていますよね。

私たちも、働き方が変わってきたり、意識や価値観の変化があるでしょう。

自分にとって、何が大事か?どう生きたいか?を見直す機会にもなっているはずです。

 

そういう時だから、なおさら 大変なこと(=大きく変化する機会)が起きるのかもしれません。

それは、よりよく生きたい人にこそ訪れるチャンス。

 

それに、今回、自分の深い部分と向き合うことで、現実が好転するスピードがまた加速しているな~と実感しています。

もしも今、あなたも、何か困り事を抱えているなら、越えた先には、必ず素晴らしい未来が待っています。

(適切に取り組みさえすれば)誰もが、想像しているよりずっと簡単に越えられます。

応援しています!

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。