自分がどうしたいのかわからない時は、問いを変えてみよう

こんにちは。

メンタル&ライフコーチ
阿部朝子(あべともこ)です。

 

 

もっとイキイキと毎日を過ごしたい!
成長したい! 満足したい!
と思うのに、

自分がどうしたいのかわからなくて
何も進まない……

と悩んでいる方へ。

 

どうしたいのかわからない要因

今の状況が続くこと、
今の自分のままでいることに
満足できなくて、変えていきたいのに、

どこを目指せばいいのかわからなくて
変わりたいのに変われない!!

 

身動きとれないって、歯がゆいですよね。 

 

 

「私はこうしたい!」という答えは
自分の中に必ずあります。

そして、

未来のことは、頭で考えるよりも
心の声を聴くことが大切。

 

けれども、
心の声がキャッチできないから
答えがわからないのですね。

 

心の声をキャッチできない理由は
人それぞれですが、

  • 悩みで頭がいっぱいなために、心の声がかき消されている
  • 「すべき」を優先してきたために、「したい」が出てこなくなっている
  • 心の奥で失敗を怖れているために、望みに気づかせないよう防衛本能が働いている

といったケースが多くみられます。

 

心を曇らせている
これらの要因さえなくなれば

「こうしたい!」という心からの望みが
ハッキリわかるようになっていきます。

 

問いかけを変えるという方法

とはいえ、

心を曇らせている要因をなくすのは
自分一人で取り組むには
ちょっとハードルが高いかもしれません。

 

なので、まずおすすめしたいのは、

「問い」を小さくしてみること

です。

 

 

問いを小さくする方法は、

たとえば、

「私はどうしたいんだろう?」と
大きな括り(くくり)で考えていたのを

「今日」「これからの時間」という風に
小さく区切って考えてみることです。

 

「私は今日何をしたいだろう?」

「私はこれからの時間を楽しむために何をしよう?」

 

このような問いだったら
心の声をキャッチしやすくなりませんか。

 

そして、

「ケーキを食べたい」といった
すぐできることから

「こうしたい」を実行して、

 

「ケーキ食べて、美味しかった~」
「これをやって、楽しかった~」

そうしみじみ感じてみてください。

内側の自分と
喜びをわかち合うようなつもりで◎

 

小さな実践で未来が大きく変わります

このように

問いを小さくして
小さな望みから叶えていくことは

  • 心の声をキャッチする練習になる
  • いい気分で過ごす時間が増える
  • 望んだことを実行するので
    「望みは叶うものなんだ」と潜在意識にすり込まれる
  • 知らず知らずのうちに、自信が高まる

など、メリットがいっぱい。

 

中でも、

いい気分で過ごす時間が増えること
のメリットは大!

「やりたい」がどんどん浮かぶようになり
望みが叶いやすい体質になるからです。

 

 

心は揺れ動くもの。

ニュースをみて不安になったり、
子供が宿題もせずに遊んでいてイラっとしたり……

 

けれども、

というか、だからこそ、、

「いい気分」でいられる時間を
1分でも1秒でも増やしていきたいですね。

 

 

「自分はこれからどうしたいのか?」

その答えを明確にするには
心を曇らせている要因を
取り除いてあげることが必要ですが、

 

まずは、問いを小さくして、

今日やりたいことをやり、
いい気分でいる時間を増やす

ここから始めてみませんか?

 

あなたが本当の自分とつながり、
本当の望みを叶えていけますように

応援しています。

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタル&ライフコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。