抵抗感は、ありがた~いサイン!?


こんにちは。

メンタル&ライフコーチ
阿部朝子です。



前回、行動したいのにできない時
の対処法を紹介しました。

  • 行動することを具体的にする
  • 抵抗感の要因(怖れ)を解放する

でしたね。

(→ https://tomoko-abe.com/come_true/10078/


私自身、これで色々はかどるようになり、

解決のしかたを知ればいいだけなんだ!
と、とっても希望に感じたのを
覚えています。


今日は、もう少し、つづきの話をしますね。 

抵抗感=潜在意識のサイン

行動できない時、
前回お伝えした方法では
スッキリ解決しない時があります。

よくわからないけど、
たしかに抵抗感や重苦しさを感じていて
気が乗らなくて、行動できない…


そんな時は、
行動しようと焦らずに、立ち止まること
がおすすめ。


潜在意識は、体と直結していて
<抵抗感や重苦しさを与える>
という方法でサインを送ってくれるんです。

自分のベストな道じゃないよ、
幸せの道はそっちじゃないよ

やめたほうがいいよ、って。


今はわからなくても、あとになって、
あの行動は不要だった・やめてよかった
と気づくかもしれません。

虫の知らせでアクシデントを免れた、
という話もありますよね。

思考タイプの人は、特に気をつけて!

抵抗感があったら、立ち止まる…
そんなの簡単だと思うかもしれません。

が、

私自身、抵抗感を軽くみて
たくさん失敗してきました。^^;


抵抗感があったのに
いつもと違う道を通ったら
交通事故に遭ったり。

抵抗感があったのに
依頼された資料を作ったら
「必要なくなった」と言われたり。

抵抗感があったのに
人のアドバイスに従ったら
結局うまくいかず、あとで
自分に合わない方法だったとわかったり

(ここに書けない失態もたくさんあります…)


抵抗感を「気のせい」と決めつけて、

自分のために、人のために、
こうすべきだ・これがいいことなんだ

と言い聞かせて行動していたんです。


で、痛い目にあってから
「あぁ、抵抗感あったのにな~」
と気づく始末。

(時間・労力・お金、たくさんムダにしました…) 


だから(私のように)
思考を優先しがちな人には、
特に気をつけてほしいと思っています。

感情・感覚が教えてくれる

では、立ち止まったあとは
どうすればいいか?

次の3つから始めてみてください。

  • 考えるのをやめる

    抵抗感が気になったりもしますが、
    なんでだろう?どうすればいいんだろう?
    と考えるのはやめましょう。

    (考えるのが悪いわけではなく、思考の使いどころがちがうのです)

  • 潜在意識(内なる智恵)に ゆだねる

    時が満ちれば、潜在意識が進む道を教えてくれる
    最後は うまくいくようになっている!
    そう思って、
    あとは、潜在意識のサインに気づけるように過ごすことです。

  • 気持ちよく過ごす

    潜在意識のサインに気づく1番の秘訣は、心の安定です。
    「すべき」を自分に無理強いしないこと。
    「したい」をやること。
    部屋を掃除してスッキリするのもいいでしょう。
    音楽を聴いたり、趣味を楽しんだり、たくさん笑って過ごしましょう。



日々、気持ちよく過ごすうちに、心の感度があがり、

楽しい・うれしい・ワクワク
という感情感覚を通して、


あなたの潜在意識が
ベストな道・幸せの道はこっちだよ
と教えてくれます。


まとめ

いかがでしたか?

抵抗感を無視して、思考で行動しちゃうと
痛い目にあったり、回り道になりかねません。

(自戒を込めて…苦笑)


「すべき」を手放して、
内側からの歓びにしたがうことで、

潜在意識(内なる智恵)に導かれ、
ベストな道・幸せの道を、より簡単に歩めるようになります。

参考になれば、うれしいです。


著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタル&ライフコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。