行動したいのにできない時の解決法


こんにちは。阿部朝子です。

 

さて、

「行動したいのに、できない」
ということはありませんか?

 

本当はサクサク行動できたらいいですよね。

ストレスがなくなり、
仕事や活動がはかどります。

気持ちも時間も余裕ができるから
毎日がもっと充実しますね。

 

行動できない時に
どうすればいいか?

解決のヒントをお届けします。

 

 

行動できないのは、
意志が弱いからではありません

行動できないのは、必ず理由があります。

裏を返すと、理由がわかれば
必ず行動できるようになるのです。


ただ、

多くの人が、理由を勘違いして
「意志が弱いからだ」
「行動力がないからだ」
と、自分を責めていたりします。


私は、逆に、そういう方ほど
意志が強く、責任感が強い、
がんばり屋さんが多いと感じてきました。

だからどうぞ、ご自分を責めないでください。


行動できない理由は、
意志が弱いとか、ダメな所があるからではないんです。

一般的にそう言われるのは、
脳と心のしくみを知らないから。


解決するには、むしろ
意志の力でどうこうしようとせず、
潜在意識に働きかける必要があります。

コツさえわかれば、簡単です。

 

行動できない理由と解決法

あなたの「行動できない」は、
次のどちらに該当しますか?

  • 行動したいことが<不明確>
  • 行動したいことが<明確>


順番に、説明しますね。

 

行動したいことが<不明確>な場合

不明確とは、
「はじめの一歩」がわからない状態です。


たとえば

  • ブログを書きたいけれど、書く内容が浮かばない
  • 家を片付けたいけど、どこから始めればいいかわからない
  • 子供に自信をつけさせたいけど、どう関わればいいかわからない

 …… 


この場合、行動できない理由は、
やりたいことが<抽象的>だから。

なので、
細分化・具体化していくといいのですね。

(専門用語で、チャンクダウンといいます
~大きい塊をほぐすという意味です)

 

上の例を細分化してみると

◎ブログを書く
>好きな動物について書く
について書く
ブルドックについて書く …

 

◎片付けする
>1番気になる台所から片付ける
>台所の引出しから片付ける …

 

このように、

「できそう」と思えるまで細分化すれば
はじめの一歩が踏み出せるはずです。

 

また、

具体化するために
こんな問いもおすすめです。

 

◎子供の自信をつけさせたい

「自信がついたら、今と何が違うだろう?」

(こういう時に、こう行動をするだろうな~)

 

目に見える変化がイメージできたら
次の問いは、

「そのために、今、私にできる簡単なことは何だろう?」

 

そうすると

「ガミガミ言わないで、ほめるようにしよう」
「役立ちそうな本を探してみよう」

など、はじめの一歩が浮かぶでしょう。

 

 

行動したいことが<明確>な場合

やることが明確だけど動けない時、 

たとえば

  • ブログを書きたい(書ける)けど、
    人にどう思われるか気になって発信できない。
  • 苦手な人がいて、打合せのアポを取れない。
    「今日連絡しよう」「明日にしよう」となりスケジュールが滞ってしまう 

……
 

この場合、行動できない理由は
潜在意識に<抵抗感>があるから。

なので、解決するには
抵抗感の要因(怖れ・心の痛み等)を
癒し、解放していくといいのです。

(抵抗感は防衛本能の働きで、
あなたが傷つかないように守ってくれいているのですね)

 

 *

抵抗感を解放する方法として、

それをやる動機・目的に立ち返ることで
腹が決まり、動けるようになる
こともあります。

 

または、
自分の感情(不安・抵抗感等)を
受けとめることで、気持ちがラクになり
動けるようになることもあります。

 

もっと抵抗感が強い場合は、
心の深い部分に働きかけるメンタルワークがおすすめ。

 
上の例でいうと

◎ブログを発信できずにいた方は、

小学生の頃、思ったことを言って
いじめられた体験があったため、
防衛本能が働いていたことがわかりました。

その時の心の痛みを癒すことで、
抵抗感が消え、ブログを楽しく発信できるようになりました。

 

◎苦手な人にアポがとれずにいた方は、

相手からキツイ言葉を言われて
深く傷ついた記憶を癒し、解放しました。

幼少期の体験も影響していたので、癒していきました。


翌日からアポをとる抵抗感がなくなり、
相手への苦手意識も消えていました。

 

まとめ

いかがでしょうか。

行動できるようになる方法を
事例を交えて紹介しました。

参考になればうれしいです。


自分を責める必要はなくて
脳と心のしくみを活用すればいいだけ。

望みを叶えるのは、もっと簡単になります。

応援しています!

 

 

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。