「お客様の声を聴けていなかったことに気づきました」相談業・T様

個人コーチングを受講されている、アドバイザー・Tさんから、気づきのメールをいただきましたので、一部を紹介いたします。

 

・・(以下、一部抜粋)・・

今まで自分が「つまずいていた部分」の原因と、どうすればいいのかを、朝子さんの質問によって、自ら気づき、答えが出てきました。

私は仕事上、お客様にヒアリングをするのですが、これまで自分の質問に対して、すぐに答えられないお客様に、沈黙されるのがとても苦手でした。

沈黙が怖かったのです。

そして、すぐに答えが返ってこないと、こちらから答えを誘導する質問をしていました。

そうしていたので、「本当のお客様の声が聴けていなかった」‥と気づきました。

 

朝子さんのセッションを受けて、

私は、自分の投げかけた質問に対して、自分が考えている答えを、お客様に言ってもらいたい、という気持ちが強かったことに気づきました。

朝子さんにはその解決方法と、よりよい質問の仕方を教えていただき、その練習もしていただきました。

すぐ、お客様のサポートに活かしていきます!楽しみです!

・・(以上、一部抜粋)・・


Tさま
相談業(アドバイザー)、30代

 

 

Tさん、気づきのご報告を、ありがとうございました。

対人支援のお仕事をされている方に共通の、大切なポイントだと感じました。

皆さん、その道のプロとしてのスキル・訓練・経験を積んでいらっしゃいます。

けれども、その知識・スキルが、充分に活かされ、お客様に満足していただくには、
「お客様の本当の気持ち・望みを聴くことができるか?」が鍵になりますね

そのための、質問力・傾聴力のブラッシュアップと、Tさんの相談業務に合わせて、私が作った対話スクリプトも、お役に立てたようで、よかったです!

お客様を想い、質の高いサービスを提供したい!と思われているTさんだからこそ、私も今後がとても楽しみです。

これからも、全力で応援させていただきますね。

 

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。