「アクがうまみに転じる」

「アク抜きはしないのよ。アクがうまみに転じるんだから 」

 

マクロビオティック料理の先生に教わった言葉。

今でも、きんぴらごぼうを作ると、先生の言葉を思い出します。

 

マクロビは、皮をむかず、栄養を(生命を)丸ごといただくの。

あく抜きもしません。

 

ごぼうを丁寧に、ゆっくり返しながら炒めます。

そのうち、強いアクの匂いが、ふっと甘い香りが変わる瞬間がくる。

アクがうまみに変わる瞬間。

 

「あ、変わった。よし!」と思う。

無意識に顔がほころぶ。小さな幸せの瞬間。

 

 

「アクがうまみ」

それは、「人も同じだな」と思う。

 

誰もがもっているアク。

アクは個性。それがうまみ。

その人らしい人間味なんだよね‥と。

 

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。