輸入小麦・輸入大豆の怖さ

アメリカの農家さんは、日本向けに輸出する小麦にだけ、発がん性の高い農薬を使っているそうです。

小麦製品も大豆製品も、輸入品が大半を占めていますよね。

自分と家族の健康を守るために、こういう情報を知って、食べる物を選んでいかなくちゃ、と思います。

(国は、国民の健康を第一に考えてほしいです…)

 

「自国民が食べないもの」が日本に送られている

「これはジャップが食べる分だからいいのだ」とアメリカの穀物農家が言っていた、との証言が、アメリカへ研修に行った日本の農家の複数の方から得られている。

農家の皆さんが雑草にかけるときも慎重にする必要はあるが、いま、問題なのは、アメリカからの輸入穀物に残留したグリホサートを、日本人が世界で一番たくさん摂取しているという現実である。

しかも、アメリカで使用量が増えているので、日本人には小麦のグリホサートの摂取限界値を6倍に緩めるよう要請され、日本政府は2017年12月25日に、「クリスマス・プレゼント」と称して緩めてしまったのだ。

残念ながら、日本人の命の基準値はアメリカの必要使用量から計算されているのであろうか。

農民連食品分析センターの検査によれば、日本で売られているほとんどの食パンからグリホサートが検出されているが、当然ながら、国産や十勝産と書いてある食パンからは検出されていない。

( 東洋経済オンライン:「自国民が食べないもの」が日本に送られている より抜粋

https://toyokeizai.net/articles/-/451051

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。