自信がない方へ。長所を書き出してみませんか?

メンタルコミュニケーションコーチ 阿部朝子です。

『長所を書き出すワーク』
自信をもちたい方、強みを発揮したい方におすすめです。

想像以上の収穫があるはずですよ!
コツをご紹介します。

「長所」を書き出してみませんか?

もし、あなたが、

  • 自信をもちたい・自己肯定感を高めたい
  • 強みを発揮したい

と思うなら、『長所を書き出すワーク』から始めてみませんか?

 

長所‥何個くらい書けそうですか?
よかったらぜひ、100個。^^

100個は、私がコーチングを学びはじめた頃、コーチから提案された課題です。

「自信がない」「自分が好きじゃない」
そんな当時の私は、100個と聞いて、「えーーっ!!」とドン引きしました。(笑)

40才に差しかかり、「長所を書き出す」なんて幼稚に感じ、「今さらそんなこと‥」と思ったり。
(コーチングって、もっとスマートな手法を使うと思いきや、泥臭いな‥とも)

 

それでも、本気で自分を変えたかったので、チャレンジしました。
すごく苦戦しましたが、想像以上の収穫がたくさんあったんです。

あなたにも、たくさんの収穫を得てほしいので、コツ・ヒントをお渡ししますね。

「長所」を書き出すコツ

1.甘口で書こう!

自信がない方は、自分に辛口評価の方が多いです。
人に見せるものではないので、思いっきり甘口に書いてみましょう。

行きづまったら、カテゴリー別に考えるのもおすすめです。

  • 顔(好きなパーツ)、体(健康面・好きな所)、チャームポイント
  • ○○が好き(関心・興味・時間を忘れて没頭できること)
  • ○○に敏感(感覚・センス)
  • 人にほめられること
  • 人に喜ばれること
  • 得意なこと(ささっとできること)
  • 今まで経験したこと
  • 人間関係で大切にしていること
  • 日々の生活で大切にしていること
  • いつもやっていること ‥


(そんなことも長所?と思うかもしれませんが、いいんですよ~)


そして私は、あなたに合ったことがなくても、あなたの長所を知っています。
この記事を読んでくださっていること自体、「前向き・向上心がある・行動力がある」ということ(ですよね?)

この3つも、ちゃ~んと書いて下さいね!

 

2.短所も書き出そう!

自信がない方は、長所よりも短所のほうが浮かぶかもしれません。
その短所も一緒に書き出しましょう。

↓ ↓

3.短所をリフレーミングしよう!

リフレーミングとは、ものごとの「とらえ方」を変えることです。
とらえ方を変えれば、「短所」が「長所」になりうるのです。

短所がたくさん書けたなら、同じ数だけ長所になりますね。
片っ端から、リフレームしてみましょう。

【リフレーミングのコツ】

  • 見方を変えると、どんないい面がある?
    (例:仕事が遅い⇒丁寧に仕事する
     飽きっぽい⇒興味がないと早く判断できる)
     
  • それは、どんな場面だと役立つ?
    (例:騒々しい⇒飲み会が盛り上がる
     忘れっぽい⇒イヤなことがあった時、早く忘れられる)

※苦し紛れのリフレーミングでいいですよ!
自信を高めたいなら、言葉遊びの感覚でやってみましょう。

 

 

4.人に聞いてみよう!

家族や友人に聞いてみましょう。
自分で「当たり前」にやっていることが、実は「長所なんだ」と気づくでしょう。

 

5.わいてきたマイナス感情を解放しよう!

書きながら、マイナス感情がわいてくることがあります。

短所がきっかけで失敗したことを思い出し、ズーンと気が重くなる 等 ‥

私の場合、「親がもっとほめて育ててくれたら、自信をもてたんじゃないか」と、親を責める気持ちもわいてきて、けっこう苦しくなりました。

 

できれば、そのマイナス感情を感じた都度、メンタルワークするのがおすすめです。
=苦しい感情・感覚をラクに解放するのです。

また、「失敗した」という経験さえも、リフレーミングできます。
「こういう経験になった、こんな学びがあった」とわかれば、「失敗」ではなく「糧」になりますね。

 

※メンタルワークを一人でできない場合、「こういう気持ちになった」「あの時のショックがまだ残っている」とメモしておくといいでしょう。

そして、専門家と一緒に取り組める機会ができた時に、ぜひメモした内容をワークなさってください。

 

「長所」を活かすヒント

お気づきかもしれませんが、結局、長所も短所も、ただの意味づけなんですね。
「個性」の1つを、上手に使えれば「長所」となり、うまく使えなければ「短所」になる‥ということ。

では、どうすれば、その個性を長所として活かせると思いますか?

1番大切なのは、心と体のコンディションが整っていること。

体調も、心の調子もいいこと。
=元気で、ストレス(イライラ・不安等)がなく、心地よくいられたら、個性を長所・能力として発揮できます。

 

2つめは、「短所(苦手なこと)は、人に助けてもらえばいい」と考えること。

長所・得意・強みは、他者をサポートするために使えばいい。
そして、短所・不得意なことは、サポートしてもらえばいい。

家族・友人・組織が、そんな関係でいられたらいいですね。

 

3つめは、「ありのままの自分を受け容れよう」と思ってみること。

長所も短所も、イケてる自分もイマイチな自分も、全部、自分ですね。
その「ありのままの自分」を受け容れることができれば、本当の自信(=自己信頼)につながります。

そのために、自己否定をやめて、「ありのままの自分を受け容れよう、と思ってみる」といいです。

 

細かい話なんですが、ちょっと比較してみてください。

「ありのままの自分を受け容れるぞ!」
「ありのままの自分を受け容れる、と思ってみよう!」

「そう思ってみよう!」のほうが、気楽じゃないですか?(笑)

気楽なほうが、潜在意識が抵抗せず、受け容れやすくなります。
(こういうちょっとしたことが、大きなコツだったりします)

 

まとめ

自信を高めたい方、強みを発揮したい方におすすめの『長所を書き出すワーク』
長所を書き出すコツと、長所を活かすヒントをお届けしました。

私自身、長所を書き出すことで、変わり始めました。

自己理解が深まり、自己肯定感が高まっただけでなく、人間関係や子育てのストレスも、どんどん減ったんです。

昔の私は、人にほめられても素直に受け取れず、人に指摘されるとイラっとしていました。
そんなツンツンとがった私が丸くなり、やさしい気持ちになっていきました。

人の長所に嫉妬するのではなく、素直に認められるようになりました。
人の短所も「しゃあないな~」と流せるようにもなりました。

「短所・欠点」は、「悪いもの・直すべきもの」と思っていた私は、子どもの短所が目につくと、一生懸命、変えようとしていました。
(子供に悪いことをしたなぁと思います)

得手不得手があって当然だし、短所は人間味とも言える。
子供の個性を伸ばしてあげたい、と思えるようになりました。
(子供が小さいうちに気づけて、本当によかったと思っています)

ワークに取り組んだあなたには、どんな変化・収穫があるでしょうね。

やってみられたら、ぜひご感想をお聞かせください!

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。