不安を解消し、前向きに行動できる3つの方法

メンタルコミュニケーションコーチ 阿部朝子です。

なかなか結果が出なくて、不安でいっぱいになることはありますか?

今回は、不安を上手に解消し、前向きに行動できるようになる3つの方法をご紹介します。

なかなか結果が出ないと、不安でいっぱいになるのもムリもありません。

自信をなくしたり、「本当にやりたいことか?」と迷いが出ることもあるでしょう。
「また失敗するかも」と、行動するのが怖くなるかもしれません‥

私もそうでした。

不安になり、悪いほうにばかり考えてしまい、行動できなくなる、行動してもうまくいかない‥という悪循環。
胃潰瘍になったり、起き上がれないこともありました。;;

「ポジティブに考えよう」と思っても、できないから、苦しいんですよね。
そういう自分もイヤでした‥

今も、不安になることはありますよ。
チャレンジする時など、不安があって当然なので‥

それでも、行動できず悪循環‥にはなりません。
感情と上手につき合えるようになったからです。

そんな私がおすすめする【不安の解消法】
今回は、この3つです。

  1. 思考を止める
  2. 不安を感じ切る
  3. 不安を明確にする

気持ちがラクになり、前向きに行動できるようになるでしょう。
具体的なやり方を説明しますね。

不安を解消し、前向きに行動できる
3つの方法

1:思考を止める

不安になった時、「なんでうまくいかなかったんだろう」「次も失敗したらどうしよう」などと、考え続けていませんか?

考え続けると、ますます不安になります。
(脳と心のしくみがそうなっているのです)

とにかく、一旦、考えるのを止めましょう!

効果的なのは、体を動かすことです。

  • 手をパンを叩き、大きな声で「(思考)ストップ!!」
  • 運動する、歌う、踊る、料理する、おいしいものを食べる、掃除する‥

好きなことをやってみてください。
気分があがれば、いい考えも出てくるようになります。

2:不安を感じ切る

感情は、「感じ切る」と自然と消えていくものです。

「不安に思わないでおこう」と言い聞かせるより、あえて不安を感じ切る!
すると、不安で重苦しかった気分が、ス~ッと消えるのです。
(不思議かもしれませんが‥)

そんな感情のしくみを利用したワークを紹介しましょう。

*感情を解放するワーク:フォーカシング

  1. 不安な気持ちを感じましょう
  2. 体のどの辺りに、どんな感覚がありますか?
    (胸の辺りが黒っぽい感じ。胃の辺りが重い感じ 等)
  3. その感覚を、見守るように、ただただ感じましょう
  4. その感覚が動いたり、変化するかもしれません
    なりゆきにまかせて、感じ続けましょう
    (くるくる回る、小さくなる、黒から白になる、お腹に移動 等)
  5. 体から抜けた感じがしたり、気持ちが軽くなったりするでしょう
    「もういいな」と感じたら、おしまいです

 

フォーカシングは、深い悲しみや怒りも解放できる優れたワーク(心理療法)です。
安全で、コツがわかれば誰でもできるので、お試しください。 

3:不安を明確にする

「お化けが怖いのは、得たいがしれないから」という話があります。
「不安」も同じ。
漠然としているから、不安が消えないのです。

あらためて、何が不安なのか明確にしていきましょう。

1.不安を書き出す

何が不安か?最悪なことは何か?‥書き出してみましょう。
(「考える」のでなく、「書き出す」のがおすすめです)

書くだけでも、感情が外に出て、不安がやわらぐ効果があります。
客観視できて、冷静にとらえやすくもなるでしょう。
 

2.「どうしよう」から「こうしよう」へ

不安な時、「こうなったら、どうしよう」と思っていませんでしたか?
「どうしよう」は、不安が増すフレーズです。

書き出した「不安なこと」を、「こうしよう」と決めていきましょう。
腹が決まる感覚になりませんか?
不安も、さらにやわらぐはずです。

「こうしよう」(=アイデア)が浮かばない時は、「あの人に相談する」「情報を調べる」というのはいかがでしょう。
 

3.望みを思い出す

そもそも不安になるのは、叶えたいことがある証拠です。
(人生どうなってもいいと思っている人は、不安になりません)

不安の裏返しが、望み。
その望みを思い出し、言語化しましょう。

そもそも何をやりたかったのか?
なぜ、それをやりたかったのか?
それが叶えば、どんないいことがある?
(自分にとって、お客様・家族・会社・世の中にとって‥)

思い出したら、理想の状態・理想の自分が叶ったところを、ありありとイメージしてみましょう‥

叶えたい未来にフォーカスしている時、脳は不安を意識できません。
大切なことを思い出せば、行動したくなってきませんか?

 

【クライアントAさんの例】

Aさんは、仕事がうまくいかなくて、落ち込み、不安でいっぱいでした。
ふとした拍子に涙があふれ出るほど、心が不安定になり、ご相談にみえました。

思考を止め、不安や望みを明確にしていきました。
胸の内にある想いを出して、出して、出して‥

「Aさんにとって、最悪なことは何ですか?」

この質問で、Aさんのエネルギーがパッと変わりました。

「最悪は、○○(やりたいこと)ができないこと」
「そう考えると、不安に思っていたことは、どれも大したことないです!!」

「それに、最悪と言っても、生きていれば、最悪じゃないですね」と笑っておっしゃいました。

不安な気持ちが吹き飛んだところで、理想の未来をイメージすると‥
かっこよく仕事している自分や、たくさんの人の笑顔が浮かび、ワクワクしてきたAさん。

このあと、具体的な行動プランを立てて、実現の一歩をふみ出しました‥

 

まとめ

不安を解消し、前向きに行動できるようになる3つの方法をご紹介しました。

  1. 思考を止める
  2. 不安を感じ切る
  3. 不安を明確にする(望みを明確にする)

参考になれば、うれしいです。

感情との上手なつきあい方を知っていれば、自分(心と体)を守れます。
不安でいっぱいいっぱいになる前に、試してみてください。

一人で抱えて辛い時は、早めに信頼できる専門家にサポートしてもらいましょう。

不安を解消し、あなた本来の力が発揮されますように。
本来の力が発揮されれば、望みは必ず叶います。

応援しています!

 

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。