やる気が出ない時の対処法(1)~感情と行動を切り離す

メンタルコミュニケーションコーチ 阿部朝子です。

「なんで、やる気が出ないんだろう?」
と思うことはありますか?

そういう時におすすめの「考え方」と「対処法」をお届けします。


一口に「やる気が出ない」と言っても、状況は色々です。

「今日は疲れたから‥」という軽い意味もあれば、
ひどくなると、うつ症状に近いこともあるでしょう。

 

原因も、色々ですね。

食事・睡眠・運動など、体のアプローチが有効な時もあります。
部屋を片付けるなど、環境を整えることが有効な時もあります。

 

今回は、私がよく伺うお仕事の事例で
メンタル面のアドバイスをいたしますね。

やる気が出ない状況は2種類

やる気が出ない状況は、大きく分けて2種類あり、おすすめの対応が異なります。

 

あなたが、
「やる気が出ない。困った~」><
と思うのは、次のどちらになりますか?

▼▼▼

A:「やりたいこと」なのに、やる気が出ない
(好きなこと、やりがいあること、夢、目標など)

B:「やらなくちゃいけないこと」なのに、やる気が出ない
(ルーティンワーク、勉強、運動、ダイエット など)

 

今日は、<Bの場合>のヒントを書きますね。

やらなくちゃいけないのに、やる気が出ない時

まずは、やめてほしいことから。

 

1.自分を責めなくていい

まじめな方、責任感の強い方ほど、
「なんで、やる気が出ないんだろう」と、自分を責めがちです。

気持ちが重くなって、もっと動けなくなってしまうでしょう。

やる気が出なかったとしても、自分を責める必要はありません。

 

2.「やる気」を出そうとしなくていい

「やる気がある」って、
皆さん、すごくいいことだと思っています。が

それって、誤解です。

やる気・・なくていいんですよ。^^

 

特に、

  • 毎日のルーティンワーク
  • 苦手だけど、やらなくちゃいけない
  • 好きじゃないけど、やるべきこと

そもそも、やりたくないことに対して
ムリに「やる気を出さなくちゃ」と思うと、ストレスになるし、
潜在意識が抵抗して、余計に行動できなくなります。

 

 

では、どうすればいいかというと、

 

3.【本当の問題】を解決していこう!

「やる気が出ないこと」が「問題」だと思われがちです。が、
ここは【本当の問題】ではありません。

やる気が出ないために、「行動できないこと」があるんですよね?
そっちが、【本当の問題】です。

「やる気を出すこと」にエネルギーを使うよりも、
「行動できるためには、どうしたらいかな?」と工夫していきましょう。

 

そのために、今回、おすすめしたいことは、こちらです。
▼▼▼

4.感情と行動を切りはなす方法

感情(やる気がある・ない)と
行動(やる)を切り離して、「淡々とやる」

という方法です。

 

次の自己対話が、
気持ちの切替えに役立ちそうだったら、使ってください。

*~*~*~*~*~*~*~*~*
やりたくないな~。
さて、やろう!(よし、やろう!)
*~*~*~*~*~*~*~*~*

「やりたくない」という素直な気持ちを受けとめて、
「さて、やる」「よし、やる」「それはそれとして、やる」

ニュアンス、伝わりますか?

 

「さて、」「よし、」の時に、
パン!と手を叩いたり、拳(こぶし)を握っても、いいかもしれません。

とにかく、行動が進められたらOKですね。

 

まずは、ここから、お試しください。^^

次回は、
「やりたくないこと」でも、
「やる気」が出てくる方法をご紹介します。

 


潜在意識の力を活用していきませんか?
まずは、こちらの無料メール講座から▼

著者プロフィール

阿部 朝子
阿部 朝子メンタルコミュニケーションコーチ
コーチング、NLP、キャリアカウンセリング、セラピーなどの学びを経て、現在は北海道北見市を拠点に活動しています。
ご相談者の悩みを解決しながら、それぞれの本来の力を発揮されるようお手伝いしています。